« 「アフタースクール」 | トップページ | ミッション ホワイト »

「ボクの彼女はサイボーグ」

久々の試写会!!「ボクの彼女はサイボーグ」を観ました。

329807_001

21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという最高にキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない“彼女”に思いが伝わらず、“僕”は一方的に別れを告げてしまう。しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった。

小出恵介さんは、ずっと前から目をつけていた!!(笑)
今やダルビッシュ夫人となったサエコと別れる前から(笑)。
現在は「ROOKIES」を毎週欠かさずみております。あ、でもこの番組では城田優クンが好き(笑)。
ちなみにこの映画、桐谷健太さんも登場します。おおお、「ROOKIES」つながりだw

小出恵介さん、最近は3枚目の役ばかりですね。それはそれで良いのですが。キサラギ」もそうだった。
そろそろ2枚目の彼が観たい・・・。

随所随所に「おや?これは『ターミネーター』のパクリですか?」と思えるところが(笑)。
見事なパクリっぷりに返ってあっぱれ!!という感じですが。

これは男の人の夢見る世界・・・なんだろうな。
あんなかわいいサイボーグが自分の彼女になって尽くしてくれる、とは。
でも女性の目からみても綾瀬はるかさん演じるサイボーグはかわいい。
心を持たないサイボーグですが、プログラムだけであそこまでできるかな?やっぱり心があるのかな?途中から彼女の思いがひしひし伝わってきて涙が止まりませんでした。

でもね・・・泥棒はいかんよ。食い逃げはいかんよ(笑)。

映像の方も迫力があって結構リアルでぞくぞくしました。
ベタな話ですが悪くないですよ。
ラストはきれいにまとまって・・・でも「使い捨て」のような感が拭えないのはめいだけでしょうか??

|

« 「アフタースクール」 | トップページ | ミッション ホワイト »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

TB&コメントありがとうございました。
めいさんのこの記事はもちろん読んでいたのですが、僕のレビューはあまりにこの映画をクサしているので、TBを遠慮させて頂いていたのですが・・・(笑)。それにしても「使い捨て」は何だか言いえて妙ですね。

投稿: ふくちゃん | 2008年6月11日 (水) 00時18分

全然かまいませんよ~。
監督が韓国の方、ということで「らしい」映画ですよね。
色々な価値観が日本人とは微妙に違う。
それにしてもジローの故郷・・・私より若いのになんなんでしょうね?あの時代は。日本に対する誤解??(外国の方が未だに日本はちょんまげだと思っているような)

投稿: めい→ふくちゃんへ | 2008年6月11日 (水) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/21252587

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボクの彼女はサイボーグ」:

» 僕の彼女はサイボーグ 2008-31 [観たよ〜ん〜]
「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました〜♪ 20歳の誕生日を一人で過ごすジロー(小出恵介)に突然変なボディースーツを着た美女(綾瀬はるか)が現れた。さんざんジローを引っ張りまわした挙句、突然いなくなってしまった。それから1年後、21歳の誕生日を一人で祝うジローの前に再び美女が現る。しかし、その美女はサイボーグだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、未来からサイボーグがやってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 06時32分

» 『僕の彼女はサイボーグ』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
綾瀬はるか、小出恵介主演のちょっと風変わりなラブストーリー。新宿厚生年金会館での試写会に行ってきました。 誰も祝ってくれる人などいない冴えない大学生のジローの前に現れた魅力的な”彼女”。彼女の予測不可能な行動や言動に振り回されたりしながらも、一瞬にして彼女に... [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 11時27分

» 映画『僕の彼女はサイボーグ』 [健康への長い道]
サイボーグやロボットを恋人にするのが流行の昨今(笑)。 作品の存在を知った当初は全く鑑賞するつもりは無かったのですが、馴染み深い神戸三宮で撮影された映画でもあり、予告編の映像にも触発されて観てみる気になりました。 Story 20歳の誕生日、祝ってくれる友達も..... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 00時04分

» 【2008-131】僕の彼女はサイボーグ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ねぇ、ジロー。 あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 その涙、その微笑み、その勇気は・・・ 愛なのか、プログラムなのか。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 18時04分

« 「アフタースクール」 | トップページ | ミッション ホワイト »