« 「ジェイン・オースティンの読書会」 | トップページ | 純喫茶 アメリカン »

「砂時計」

砂時計」を観ました。

329293_001

少女漫画が原作で、昼ドラにもなって、すごい人気だと聞いていて、
「随分昔の漫画が再び人気なのね~。」
と思ってたんですが・・・たいへんな勘違いをしてました!!

実は・・・ずっと一条ゆかりさんの「砂の城」と勘違いしてました(笑)。
だって、漫画だし、こっちも昼ドラになったじゃんね。(何で三河弁なんだよ)

↓一条ゆかりさんの「砂の城」

↓こっちが正しい「砂時計」

両親の離婚で東京から母の実家がある島根県に移住してきた14歳の水瀬杏(夏帆)は、田舎特有の雰囲気と祖母になじめずにいたが、同い年の北村大悟(池松壮亮)らと出会い自分の居場所を見付けていく。それから12年後、東京で暮らす26歳になった杏(松下奈緒)は同窓会に出席するため、初恋の相手である大悟(井坂俊哉)が住む島根を訪れる。

・・・ストーリーの展開が早過ぎます。まぁ、昼ドラになるくらい長い話を2時間にまとめたので無理はないのだと思うんですが。
↑あらすじ部分がはっきり言って描かれずにさささっと進んでくんですよね。
ですので、感情移入する前に次の展開にいってしまい、ついていけませんでした。
うう~ん、惜しいな。

主人公・杏がなぜ大悟を好きになったのか、また大人になった杏が、なんであの婚約者(結構人でなし)を好きになったのか・・・。
うう~ん、惜しいよ。

しかし、そんな中でおばあちゃんには泣かされました。
厳しいんですが、その中にも娘や孫に対する愛情、また口に出さなくても表情から苦悩がひしひしと伝わってくるんですよね。
結果的に追い詰めてしまった言葉ですが、やっぱりしゃんとしなきゃイカンよ、しゃんと。

あと、これは個人的なことですが、井坂俊哉さんの笑顔はいい(笑)。
ああ、彼の笑顔をスクリーンで見るのは久し振り。このとき以来じゃなかろうか。
もっと活躍して欲しいです。ええ、個人的に(笑)。

|

« 「ジェイン・オースティンの読書会」 | トップページ | 純喫茶 アメリカン »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

原作がすっごぉい好きなので試写会で見ました(^ω^)
完全に不完全燃焼で終わりました・・

でもおばあちゃん・・あたしも泣きました。
とうか、原作が素晴らしいのでぜひ!
なんならお貸ししますが(笑)

投稿: CHICA* | 2008年5月 3日 (土) 22時48分

ぜひ(笑)。

近々原作を満喫で読もうと思ってますが。
ついでに、現在ドラマでハマっている「ルーキーズ」も読もうかと(笑)。

映画は、原作を知らない私ですら「おいおい」と思いましたよw

投稿: めい→CHICA* さんへ | 2008年5月 3日 (土) 22時55分

同じく、「砂時計」で不完全燃焼な一人です。
タイトルやCMでかなり期待していたのですが、残念ながらいきものがかりの曲を聴きながら本当に途中で「帰りたくなったよ」でした。(笑)
最近はやっと地デジも観れるようになったのでテレビドラマを見るのがたのしくなりました。映画並みに画質が奇麗なのでドラマでも細かいディテールが眼に見えてわかります。
特に「ルーキーズ」と「ラスト・フレンズ」はハマってます!

投稿: タオ | 2008年5月 4日 (日) 18時48分

>残念ながらいきものがかりの曲を聴きながら本当に途中で「帰りたくなったよ」でした。(笑)

・・・大爆笑してしまいました(笑)。

「ルーキーズ」ははまってます。「ラストフレンズ」は途中であまりに恐ろしくなって見られません。最終回は見るかな(笑)。
市原隼人さん、映画でまた不良っぽい役をやるみたいで、こういう役の方が以外と合うのかも?と最近思います。

投稿: めい→タオさんへ | 2008年5月 5日 (月) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/20726055

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂時計」:

» 【2008-105】砂時計 Sand's Chronicle [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? たった1つの想いを心に刻む 「永遠」のラブストーリー ずっと、一緒にいたかった。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 15時55分

» 『砂時計』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「砂時計」 □監督・脚本 佐藤信介□原作 芦原妃名子□キャスト 松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮、塚田健太、岡本杏理、戸田菜穂、風間トオル、藤村志保■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 原作は未読だが、芦原妃名子原作の同名のコミックの映画化だということ。 CSでもTVヴァージョンが放映されていたような・・・。 「初恋」というニュアンスでいいのかどうかわからないが、長い時間の経緯を2時... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 17時23分

« 「ジェイン・オースティンの読書会」 | トップページ | 純喫茶 アメリカン »