« cafe+gallery co9. | トップページ | 9月のミシェルズベーグル »

「おろち」

おろち」観ました。

Original_2

人の世をさまよい、人間の心の闇を見つめてきたおろち(谷村美月)が家政婦として潜り込んだ門前家には、二人の美しい姉妹がいた。当家の女性は29歳を過ぎるころには突然、その美ぼうが崩れ、果ては化け物のように醜く死んでいくという。ある日、妹の理紗(中越典子)は死にゆく母親の口から、もう一つの門前家の秘密を打ち明けられる。

・・・怖かった。ホラーとは聞いていたけどこんなに怖いなんて思わなかった!!
だってめいの後ろに座ってた小学生くらいの男の子、怖くて途中で半べそで外に出て行きましたよ!!
あああ、心の準備を全くしてなかったので驚いたよ・・・。

怖かったけど、良かったです。妖しくも美しい世界。
レトロな雰囲気、昔の裕福な家庭のいかにも!!という家やファッション、観ていて楽しかったです。

また、木村佳乃さんと中越典子さん、迫力あり、見事な演技でした。
今までは「演技をしているきれいな女性」というイメージが強かったのですが、ちゃんと「女優」になってました。
特に木村佳乃さんは、女優の役ではありますが、まさに女優を熱演。
煙草を吸う姿がなんともサマになって格好良かったです。

ただ、私は原作を読んでないのでそう思うのかもしれませんが、主人公(なのよね?)の「おろち」の存在は別に無くても良かったんじゃないかな?とか思います。

↓原作本

↓あと、柴田淳さんの主題歌もとてもよかったです。

|

« cafe+gallery co9. | トップページ | 9月のミシェルズベーグル »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

( ̄○ ̄;)!あらっ、そんなに怖いですか!
だったらDVDはますます無理だから映画館で観ないと~
原作は少しだけ見たんですけど、原作では29歳ではなくて18歳でした。でも29歳の方がリアリティが増すような気もしますね。
私も近いうちにピカデリーに突撃しまーす。( ̄▽ ̄)

投稿: さくら。 | 2008年9月26日 (金) 10時09分

確かに29歳の方がリアリティがありますよね(笑)。
怖いけど妖しげな美しさがたまらんのよ~。
ピカデリーの中でも小さい劇場だったのでちょっと驚きました・・・期待されてないのかしら??(笑)

投稿: めい→さくら。さんへ | 2008年9月26日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/24028411

この記事へのトラックバック一覧です: 「おろち」:

« cafe+gallery co9. | トップページ | 9月のミシェルズベーグル »