« ピノ ラムレーズン | トップページ | ametuti(アメツチ) 最終章 »

「容疑者Xの献身」

すっごく楽しみにしていた「容疑者Xの献身」観ました~♪

原作を既に読んでいたのでストーリーは知っていたんですが、この話をどう「ガリレオ」に絡めるんだろう・・・と楽しみでした。そもそも事件が実験で実証するようなものではないし(笑)。まぁ、ガリレオも原作と設定が違うんですけどねw

↓ガリレオDVD

↓原作本

惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。

やはり、ガリレオと絡めるのは無理があるのか・・・柴崎コウさんはほとんど登場しませんね。
まぁ、でも私としては「ガリレオ」を期待していたわけではないので、大満足です。

私の中では石神ってすごくオタクっぽい人物だったんで、その役を堤真一さんがやる、と聞いたときは「違うだろ・・・。」と思いましたが、違和感が全くゼロ。これは堤真一さんの演技力のすごさですよね。
また、気のせいかもしれませんが、役作りのために太ったのかな?腹回りとか中年のリアルな肉付き(笑)で、冒頭の湯川に対するセリフがリアルに感じられました。

福山ファン、柴崎ファンには物足りないかもしれませんが、純粋にストーリーを楽しむならかなりオススメだと思います。もう一回観ようかな・・・。

|

« ピノ ラムレーズン | トップページ | ametuti(アメツチ) 最終章 »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

お!先越されました~happy02
来週に観に行く予定なんですnotes
原作は読んでいないので、機会があれば読んでみようかと思います。
(実は福山ファンwink

投稿: てぃさ | 2008年10月10日 (金) 08時48分

福山、かっこいいですよね~。
でも、この映画に関しては完全に堤真一さんに主役を食われちゃってます(笑)。
ぜひぜひ観に行ってください~。オススメです!

投稿: めい→てぃささんへ | 2008年10月11日 (土) 06時29分

めいさん、早いーー!
わたしは来週観に行く予定です。
既に観た友人からも、連ドラとは違って深く重い内容だと聞いて楽しみにしています♪
泣くよ!と脅されてますが、泣いちゃうようなモノなの??

投稿: mika | 2008年10月11日 (土) 15時59分

ああ、そうですね。切ないですね。私は原作を知っていながらほろりとしましたよ。
あまり熱く語るとネタバレになってしまうので止めておきますが(笑)、私はこの映画の方が北村一輝さんの良さが出ているような気がします。

投稿: めい→mikaさんへ | 2008年10月11日 (土) 23時24分

堤真一すごいですよね?
いつもはあんなにかっこいいのに・・
あそこまでダサく(笑)
あの肉付きは腹回りだけだからなんかつけてるのかな?と思ってましたー!!
どっちにしてもすごい!!

ガリレオの要素はもう少し少なくてよかったですよねー・・
というか福山が(略

あたしももう1回みたいです★

投稿: CHICA* | 2008年10月12日 (日) 22時37分

やはりあの腹回りは気のせいじゃなかったのね・・・。
あそこまでダサくなれるとは見事な役者根性と言うかなんと言うか・・・。
柴崎コウさん、決して嫌いなわけではないんですが、この映画には不要ですよね(笑)。

投稿: めい→CHIKA*さんへ | 2008年10月14日 (火) 06時11分

自分のブログにも書きましたが。この映画は堤真一さんに尽きますね。
石神の気持ちがよく伝わってきました。2人で罪に服した後、きっと幸せになれるじゃないだろうか・・・てなことまで考えてしまいましたよ。

投稿: ふくちゃん | 2008年11月14日 (金) 15時04分

そうそう。福山さんも主役のハズなのにあまり登場しませんし(笑)。
正直、原作を読んでいてストーリーは知っていたので泣くことはないだろうと思ってたんですが、最後にほろりとさせられました。
これもすべて堤真一さんのせい(笑)。

投稿: めい→ふくちゃんさんへ | 2008年11月14日 (金) 20時22分

お久しぶりです。
やっとこの映画を見ることが出来ました。
ずっと観たいと思いつつなかなか時間が取れず、上映終了直前に観ることが出来ました。
いい映画でしたね。久しぶりに映画らしい映画を見たなと思いました。

普段小説を全く読まない私も、この作品だけは読んでみたいと思いました。

なかなかブログに参加することが少なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いします。

投稿: タオ | 2009年1月 4日 (日) 21時05分

ご無沙汰しております。今年も宜しくお願いします。
映画らしい映画・・・確かにそうですね。最近なかなか無い作品だったような気がします。
原作を私は先に読んでいたんですが、ここまでイメージを良い意味で覆した作品は無いです。

投稿: めい→タオさんへ | 2009年1月 5日 (月) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/24396895

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」:

» 『容疑者Xの献身』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、林 泰文 ■鑑賞日 10月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  実に興味深い・・・。 映画版『容疑者Xの献身』の公開初日の4日(土)福山演じる天才物理学者・湯川学の大学時代を... [続きを読む]

受信: 2008年10月10日 (金) 12時22分

» 「容疑者Xの献身」を観てきました・・・プチレビュー [気ままな映画生活]
ドラマ「ガリレオ」の映画版、「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました。ドラマ版は全部見ておらず、とりあえずドラマの第1話のみと昨日放送されたエピソード0をチェックしました。エピソード0のラストシーンがオープニングにつながっていたり、学生時代の石神が登場していたりしましたが、ドラマ版、スペシャル版を見逃していてもこの映画一本で独立した話として見ることが可能でした。... [続きを読む]

受信: 2008年10月10日 (金) 16時42分

» 容疑者Xの献身 [だらだら無気力ブログ]
テレビドラマ『ガリレオ』の映画化。原作は東野圭吾でガリレオシリーズ で直木賞受賞作である『容疑者Xの献身』。 天才数学学者が仕掛けるトリックにガリレオこと天才物理学者・湯川が 挑む。花岡靖子と娘の美里は自宅に訪れてきた、元夫・富樫といさかいになり、 思わず殺し..... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 03時03分

» 「容疑者Xの献身」TVとは、別物! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 原作読んでません。TVドラマも、チョこっとかじったくらいです。東野圭吾原作「ガリレオ」シリーズの映画化。「容疑者Xの献身」(東宝)。事前に観た人から『泣けるで~』と聞かされ、吾輩『???』このシリーズって確か、福山雅治の軽妙洒落な“なりきり演技”がウリの、少し軽めのお話じゃございませんでしたか?  管内で身元不明の顔をつぶされ、指紋を焼かれた男性の他殺体が発見され、所轄の刑事・内海薫(柴咲コウ)は、応援に来た本庁の草薙(北村一輝)達と共に捜査を開始。男性の死因は絞殺。程なく死体の身元は富... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 11時08分

» 映画『容疑者Xの献身』 [健康への長い道]
もうひとつのブログで「絶対に観ない#63913;」と宣言していたこの作品。 理由はいくつかありますが、一言で言うと原作のイメージぶち壊しのTVドラマ版に辟易していたからです。 しかし、映画版はどうもそこそこ評判が良いらしい。僕の嫌いなTVドラマ版オリジナルの..... [続きを読む]

受信: 2008年11月14日 (金) 14時54分

» TAKE 89「容疑者Xの献身」 [映画回顧録〜揺さぶられる心〜]
第89回目は「容疑者Xの献身」です。 この映画は前回の「ガリレオ」の劇場版です。 ドラマの方はガリレオ(福山雅治さん)を中心に面白く描いていましたが 劇場版はもの凄く、心の内側の動きを中心に描いてあり、しかも、 ガリレオはあくまで準主役! 主役はやはり天才数学者の石神哲哉役、堤真一さんでしょう!! なんとも、役になりきった素晴らしい演技でした。 堤真一さんの表情で心情が読み取れる素晴らしさ! 小説も読んでみたくなりました! 一つ残念だとすれば、脚本というか作り方... [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 21時01分

« ピノ ラムレーズン | トップページ | ametuti(アメツチ) 最終章 »