« 大須ベーカリー その2 | トップページ | ベッカライミヤガワ »

Meisterかきぬまs Backstube その2

久し振りに「Meisterかきぬまs Backstube」さんへ行きました(前回の記事はコチラ)。
 
なぜかめいが行くときはいつも雨・・・晴れオンナなんですが。
お店に入るとなんとさゆりさんの「ライ麦パンを美味しく楽しく食べようの会」のチラシが!
 
↓石釜スコーン・クランベリー
Image006
豆乳で仕込んであるそうです。
スコーンって甘いもの、と思ってたんですが、甘さ控えめでも噛むほどに甘いもの、と思ってたんですが、このスコーン、甘くないんです!
その分クランベリーの甘さが引き立ちます。

↓玄米チーズのキッシュ
Image005
今回も出会うことができました!
う~ん、相変わらず美味しいです。お米の芯がしっかり残っていて、薄味でめい好み。
また生地が香ばしくってクッキーみたいで(でも決して甘くない)美味しいんですよ~♪
 
↓五穀プチ
Image009

Image004
そのままだとしっかりとしたヒキがあります。
温めるとさっくりとして、ゴマの香ばしさがしっかりして美味しい!
身体に優しいパン!というのがすごく良く感じられます。
 
↓レーズンシナモンロール
Image010
シナモンの香りがしっかり♪
食べてみて一番最初にめいの脳裏に浮かんだ言葉は・・・「上品」。
甘さ控えめで香り高く、とても上品な味です。よーわからんぞ。
レーズンも大粒でジューシー。ラム酒の風味は弱めなので、お酒が苦手な人でも大丈夫だと思いますよ。
 
「かきぬま」さんのパンはどれも甘さ控えめなので、素材そのものの風味・甘さが感じられます。
作り手さんの気持ちがすごく伝わるパンばかりでした。

「Meisterかきぬまs Backstube」
名古屋市千種区星ヶ丘山手113
TEL:052-781-3353
OPEN:10:00~19:00(日曜・祝日は18時まで)
木曜休
WEB:http://meisters-backstube.com

|

« 大須ベーカリー その2 | トップページ | ベッカライミヤガワ »

02.お店・千種区」カテゴリの記事

コメント

クランベリースコーン勝手にピンクだとイメージしていました^^;
かきぬまさん以前 頂いて、やはり素材を活かしていて
とても上品な印象をを受けました^^
キッシュもしっかりした味がしそうに見えますが薄味なんですね。
近くなら通っていると思います♪

投稿: ann | 2008年11月19日 (水) 08時16分

こんばんわー。
あ、チラシ見つかっちゃいました(笑
かきぬまさんへ来るお客さんなら、きっとライ麦好きがいるに違いない!と、お願いしてチラシ置かせてもらったんです。
お恥ずかしや~bearing

かきぬまさんのパン、ホント優しい味わいですよね。
レーズンシナモン、食べてみたいです。
この手のパンって甘甘系が多いですが、かきぬまさんのはお上品な甘さなんですね。

投稿: さゆり | 2008年11月19日 (水) 21時34分

キッシュ、どう見ても味が濃そうに見えるでしょ~。
でも薄味なんです。
クランベリースコーン、多分光の加減かと・・・(苦笑)。一応ピンクです。どピンクではないですが。
本当にどのパンもヘンな甘みが無くて素材そのものの味がします。

投稿: めい→annさんへ | 2008年11月19日 (水) 21時40分

私が行くときってなぜかライ麦パンの種類が少ないんですよね(爆)。
チラシ、「あら?見た事あるタイトル。」と思ったらびっくりでした。
レーズンシナモンロール、私も甘いものを想像していたのでびっくりでした。
あ、「Coharu*bagel」、めちゃくちゃ気に入っちゃいました!
あの食感はたまりません!足が無い私には通販再開を待つしかないんですが・・・。

投稿: めい→さゆりさんへ | 2008年11月19日 (水) 21時43分

え。さゆりさんのチラシ、欲しい!
見たーい!! めいさん、いいなー。

投稿: ナルり | 2008年11月19日 (水) 23時49分

ご本人の直筆なのかしら?かわいい字でした。
いや、ナルりさん、ご本人にもらえば・・・(笑)。

投稿: めい→ナルりさんへ | 2008年11月20日 (木) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/25354689

この記事へのトラックバック一覧です: Meisterかきぬまs Backstube その2:

« 大須ベーカリー その2 | トップページ | ベッカライミヤガワ »