« h&s ヘッドスパクリーム | トップページ | 3Dジンジャーマンタンブラー »

「天国はまだ遠く」

天国はまだ遠く」を観ました。

331407_001_2

↓原作本

夜の宮津駅からタクシーに乗った千鶴(加藤ローサ)は、運転手に人のいない場所に連れて行ってほしいと告げる。ほかに客のいない民宿たむらに案内された彼女は、その晩に意を決して大量の睡眠薬を服用し自殺を図る。だが失敗に終わり、32時間も眠り続けた後に目を覚まし、自給自足の生活を送る宿の主、田村(徳井義実)とともに朝食を取ることになる。
 
原作は瀬尾まいこさん。この方の作品というと以前大号泣した「幸福な食卓」を思い出すのですが。

↓DVD

やはり独特というか不思議なゆるゆるした世界。
とても美しくてのどかな風景。すごく行ってみたい!どうしたって長居しちゃいそうです。
チュートリアルの徳井さんが出演、ということで、吉本がらみの人が多く登場します。
途中、相方の福田さんや坂東英二さんが登場したときには「まさに吉本!」と思いましたが、坂東英二さんはお笑いタレントじゃなくて立派な元・中日ドラゴンズの選手でした(笑)現役知らないけどw
 
当の本人は色々悩んでいて、いっぱいいっぱいでも他人からしたらユーモラスに見えたり、自分の考えている自分とは見られてなかったり、短所と思っている部分を面白いと思われていたり・・・本当に面白いし、くよくよしてる場合じゃないのかなぁ、と(めいはこの傾向がかなり強い)。
 
ずっとゆるゆるした雰囲気でストーリーが進んで行き、結局千鶴の自殺の理由は何なのか?とか彼氏は何なんだ?とか田村の過去とかはっきりしないでおぼろげなまんまで、「え?これで終わるの?」と思ったんですが・・・。
小説で読むとこういう雰囲気ってすごく良いのだろうけど、映像化すると難しいよね、とか思ってエンドロールを観ていたら、ラストのラスト、本当に何気ないワンシーンなんですが、これがめいにはツボ!このワンシーンだけでどうでも良くなった(笑)。
 
本当に何気ない田舎の生活中心の映画なんですが、ココロが和む作品です。

|

« h&s ヘッドスパクリーム | トップページ | 3Dジンジャーマンタンブラー »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/25829323

この記事へのトラックバック一覧です: 「天国はまだ遠く」:

» 天国はまだ遠く [だらだら無気力ブログ]
瀬尾まいこの同名小説を映画化。 自殺をするために都会から田舎へやってきたヒロインが田舎の山奥で 暮らす民宿の青年との出会いから少しずつ癒され再生していく姿を描く。都会での生活に傷つき自殺するために、宮津駅へやってきた女性・千鶴。 タクシー運転手に北へ行って欲..... [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木) 00時14分

« h&s ヘッドスパクリーム | トップページ | 3Dジンジャーマンタンブラー »