« peu frequente(プーフレカンテ) | トップページ | ブルーデル »

「余命」

余命」を観ました。

150268_yomei_ga01

↓原作本

結婚10年目にして、赤ちゃんを授かった38歳の滴(松雪泰子)。夫の良介(椎名桔平)と喜び合っていたのもつかの間、乳がんが再発してしまう。自分の体と病の進行を十分に知り尽くす外科医の滴は、治療を進めるには出産をあきらめなくてはならないことを悟り……。
 
泣きました。覚悟はしてましたが。
 
私も似たような年齢で考えさせられる映画です。
ちょっと映画のストーリーからは逸れるかもしれませんが、他人からどう見られようと何を言われようと、どんな形の夫婦でも二人が幸せなら、それでいいじゃないか。
でも、周りの声や反応でその気持ちも揺らいだりもする。
幸せになるには自分達の気持ちがしっかりしてないと、強くないとダメなんだな、と感じずにはいられませんでした。
 
良介のようなダンナは確かに落ち着くけど、、、私は無理だな。
この映画を観る前夜に「銭ゲバ」を見てたせいか、椎名桔平さんのイメージがぐちゃぐちゃになりましたが、通じる部分はありますね(笑)。
滴のような選択は、できたとしても貫き通すのがまず無理じゃないかな。人間って弱いもの。まして、初めての出産では・・・。すごいと思います。
しかし、確かに乳がんは外科の専門で産婦人科とは畑違いかもしれませんが、全くばれずに出産できるもんなんでしょうか?
 
また、ラストに成長した息子の林遣都クンが登場するんですが、これがまたかわいいのだ!
この時から目を付けていましたが(笑)、最後はすっかり萌えてしまったオバサンめい(笑)。
 
↓DVD

 
音楽も松雪泰子さんのファッションもツボでした♪
 
↓主題歌

|

« peu frequente(プーフレカンテ) | トップページ | ブルーデル »

31.映画」カテゴリの記事

コメント

これ気になってます!
すごく考えさせられそうだなぁ。
私も銭ゲバで椎名桔平のイメージが崩れて…^^;
lifeも録画したっきり観てないのよね。。。

投稿: ann | 2009年2月16日 (月) 17時53分

やはりオンナとしては気になる映画よね。
annさんも銭ゲバ見てるのね~。
椎名桔平、演技派だからこそなんだけど、最近、私の中ではヒモとか情けないイメージがすっかり定着(笑)。

投稿: めい→annさんへ | 2009年2月16日 (月) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539023/28101273

この記事へのトラックバック一覧です: 「余命」:

« peu frequente(プーフレカンテ) | トップページ | ブルーデル »